「私の想い」カテゴリーアーカイブ

【手や腕の痺れ感・脱力感】615

静岡市葵区・駿河区・清水区、大人女性のボディメイク

パーソナルトレーナーの堀航大です。

 

 

今日まで三連休を頂いていましたが、よく動き、よく食べ、よく眠りとてもリフレッシュできました。

フリーランスで仕事をしているとついつい休むタイミングを見失いがちですが、年齢を重ねるごとに質の高い休息の必要性を実感するようになってきました。。

 

各種慢性不調と同様に、疲労に関しても蓄積量が増えるほどに回復が難しくなります。

・ホルモンや神経伝達物質を分泌・放出する器官の疲労

・結果として生じる慢性的な自律神経の不均衡

・呼吸機能や筋活動のエラー

・糖、脂質、タンパク質、鉄などの代謝能力低下

・これら全てに影響されて起こる脳機能の低下

・脳機能低下によって生じる”うつ”様症状など

 

重症度は様々ですが、こんな負のスパイラルに陥っている方って少なくありません。

 

『栄養・運動・休養』

全ての面で、人体にストレスがかかりやすくなっている現代のライフスタイル。

無事に生き抜く為には、自分自身の体の仕組みを知る努力が大切なのかも知れませんね。

 

僕たちは、なかなか大変な時代に生きています。

 

ということで、今日はオフにつきアウトプットはそこそこにして過去の投稿をシェアです。

毎日多用する手や腕。

 

ペットボトルの開け閉めや、服の脱ぎ着など。

ジリジリと不便さを感じますが、生死には直結しない雰囲気。

そんな不具合も放置しない方が良いかも知れませんよ。

ここから

————

さて、ここ数日は手や腕の痺れや脱力感、痛みでお悩みの方のお身体を複数拝見しました。

(同系統のトラブルってどういう訳か、立て続けに重なることがあります。)

 

僕たちはドクターでは無いので診断はできませんが、評価をしてアプローチすることは許されています。

併せて、レッドフラッグといって、僕たちが介入すべきで無い特徴的な症状にも理解・知識が必要です。

 

 

そんな手腕の神経症状を訴えられた時には、色々な可能性が。

重篤な場合は頚椎のヘルニアや脊柱管狭窄症といったお医者さん案件ですが、原因がこれらで無い場合は『胸郭出口症候群』と呼ばれる状態を僕は疑います。(診断ではなく、疑っているだけです)

 

 

こちらが原因である時には、首や胸・脇の下といった筋肉にちょいとアプローチしただけで即時的に改善してしまうので、クライアントの皆さんは結構ビックリされます。

 

あとは再発を防止するセルフケアと、そうなってしまった原因を改善するエクササイズをご案内して取り組んでいただきます。

 

こちら、ご参考に

 

胸郭出口症候群(恩賜財団再生会HPより)
https://www.saiseikai.or.jp/medical/disease/thoracic_outlet_syndrome/

 

整形外科的なアプローチでは注射やお薬、オペといった手法も。

もちろんこんな風に医療的なアプローチが必要なこともありますが、場合によっては簡便な方法で症状が消失することもありますので。

 

そして大事なのは、『なぜそうなってしまったのか?』を追求して改善する取り組みかと。

 

この辺りが僕たちトレーナーの腕の見せ所といった感じですので、お医者さんに行っても予後がイマイチしっくりと来ないという場合は機能改善が得意なトレーナーの元を訪ねていかれるのも良いかも知れません。

 

結構放置しがちな、軽微な痺れや脱力感。

慢性化すると神経の損傷につながりまして回復が困難になりますので、なるべくお早めの対応をお願いしたいところです。

 

 

——————

【LINE公式アカウントのお知らせ】

↓↓↓

https://lin.ee/cv7D6wY

オープンチャットでは聞き辛いことや、個別で行いたいご相談はこちらのLINE公式アカウントからお受けいたします。

可能な範囲でお答えいたしますね。

【トレーナーは筋トレ屋さん?】585

静岡市葵区・駿河区・清水区のパーソナルトレーニング

パーソナルトレーナーの堀航大です。

 

 

しばらくの間ちょいと堅苦しい投稿が続いたので、今日はライトに雑感を投稿してみましょう。

(春の陽気でぼんやりと思いつくままに書いていたら長くなったので、お時間のある方だけお付き合いください)

 

 

このオープンチャットでは感覚や栄養、解剖などのトピックを取り上げているのですが。。

実のところ、普段行っているパーソナルトレーニングのセッションでは、総時間の6〜7割方は『筋トレ』に費やしています。

主に女性のボディメイクをメインに担当することが多いので、やはり体型を整える為には筋トレが必要不可欠です。

なるべく効率的に体の変化を実感いただく為にはどうすれば良いか?ということを日々追求していますが、この仕事を始めた頃は数々の壁にぶつかりました。

 

・トレーニングのフォームをレクチャーしても、なかなか上手に動けない

・フォームは悪くないのに効かせたい筋肉に効かない

・筋肉量はそこそこあるのに、”筋力”が著しく弱くてトレーニングが困難

・そもそも体調が悪くて、ごく軽い運動の負荷に耐えられない

・軽い運動でも体を痛めてしまう

・元々体の痛みを抱えていて、行える種目に制限がある

・体が硬すぎてトレーニングフォームを作れない

・筋肉を太くすることはできても、細くすることができない

・マット上での運動中に眠りに落ちてしまう

・食事も運動も適切なはずなのに体があまり変わらない

などなど

 

一般的な『筋トレ・ストレッチ指導』しか引き出しが無かった頃は、そんな数々の問題に悩む日々でした。

これらの解決無くして、クライアント様の望まれる結果を出すことはとても困難。

時間が解決してくれる問題でもありません。

 

そんな『なぜ?』を追求する中での、様々な知や先生方との出会いがあり。

パーソナルトレーナーという職業は筋トレに限らず、幅広く体への理解が無ければ仕事にならないなと考える様になりました。

(実際に、先ほどの様な問題への対処法を知らなければ、円滑なトレーニング指導は困難を極めます)

 

日常生活では大きな問題を実感しないレベルでも、特に『感覚』の機能にトラブルを抱えていらっしゃる方はとても多い印象です。

潜伏していた機能低下は、いざ運動をするといよいよ顕在化してきます。

それは「できない」というフラストレーションだったり、痛みだったり、『運動が不快である』というネガティブイメージを刷り込んでしまうキッカケにもなります。

 

現代人にとって運動が必要なことは広く認識されていますが、習慣化ってなかなか難しいですよね。

まずは運動に意を決してチャレンジされる方の『うまくいかないモヤモヤ』を取り除くお手伝いをする。

トレーニングがただ体を疲弊させるものではなく。

筋トレ後で疲れているはずなのに、体や心が楽になったり動きやすさを実感していただく体験。

なにより、運動をすることで『何かが変わった』という経験。

 

それらの経験の積み重ねが運動を続ける動機となって定着し、皆さんの人生の一部となる。

 

そんなお手伝いができるトレーナーでいたいし、これからも続けていきたいな。

 

パーソナルトレーナーって筋トレ屋さんやダイエット屋さんのイメージが強い印象があるけれど、僕はこんなお仕事じゃないかなって思っています。

これからも少しずつ、快適な毎日を送るヒントをシェアしていきましょう。

2022年春、ジムの駐車場で過ごす昼休みに思う雑感でした。

桜が綺麗です。。

【次第に衰えるバランス機能】516

静岡市葵区・駿河区・清水区のパーソナルトレーニング

パーソナルトレーナーの堀航大です。

 

 

今日はinstagramに投稿したものをこちらでもシェアしましょう。

セミナーを受けてのただの雑感となりますので、ちょいと箸休め的に。

 

 

ご年齢とともに衰えていく”バランス機能”。

 

全ての方に関わりがありながら、なかなか注目されにくいトピックかと。

 

 

少しでも多くの方に興味関心を持っていただきたいと思いつつ、目に見えないものって伝えるのが難しいですよね。

 

将来のために今できることって沢山あるのです。

ここから

—————

バランス機能向上のための多角的アプローチ
〜前庭の基礎から運動指導まで〜

 

今年一発目のセミナー参加は、お二人の先生方による豪華コラボセミナーでした。

 

※『前庭』とは、耳の奥にある”体のバランスを取る”ために必要不可欠な器官のことです。

前半は松村先生による”前庭の基礎編”

@m.matsu.pt

 

 

普段の暮らしや運動中に前庭がどの様な働きをして、機能が低下するとどんな影響があるのか。

 

・今ある不具合に対して何をすべき?

・機能の低下が進行することで起こり得る、将来のリスクあれこれ

・僕たちトレーナーがクライアントさんにできること色々

 

この辺りをとても分かりやすくお伝えいただきました。

色々なアプローチ法があってびっくり!

徒手によるアプローチは、また改めて深掘りしてお伺いしたいなと思いました。

 

 

後半はゆうさくさんによる”運動指導編”

@yusakuokamoto @hpi_yao

 

 

前庭機能のお話をベースに、全身との関わりを。

 

”バランス機能”は僕たちが持つ様々なメカニズムが織りなす奇跡の産物のようだ!

とちょっと感動しました。

 

 

ということでバランス機能向上には、やっぱり全身の色々な機能を使いながら運動をしていくことが大切なんだなと解釈しました。

 

たくさんのエクササイズを教えていただきましたが、きちんと効果が実感できてしかも楽しい運動ばかり。

理論を学んだ後でしたので、普段のセッションにも色々とアレンジを加えながら組み込みやすいと感じました。

 

僕自身も若かりし頃に突然のめまいに襲われて、とても不安になった経験があります。

(めまいと前庭機能は密接な関係があります)

 

 

前庭機能の低下って実感する機会は少ないけれど、知らず知らずのうちに進行している方を拝見する機会って少なくありません。

 

『見えないものに問題意識を持っていただく』ことって難しいなと常々思いますが、これは全ての方に関心を持っていただきたいテーマだと個人的には考えています。

 

 

そして、“患者さん”になってしまう前にできることって沢山あるなあと感じました。

 

 

まずは僕たち運動指導者が関心を持って学んでみることが、地域の皆さんの健康寿命が大きく変わる可能性を秘めた第一歩じゃないかなと思います。

 

#できることはそのままに

#できないことはできる様に

 

 

人生のクライマックスを迎えた時、どんな体でいられるか。

それは今、日々の選択にかかっているのだなあと感じる今日この頃です。

 

★【無料LINEオープンチャット】
毎日届くカラダの不思議・快適な毎日のヒント集

👇👇👇