「脳のパフォーマンスUP」カテゴリーアーカイブ

【その辛さは溶血性貧血かも】637

静岡市葵区・駿河区・清水区のパーソナルトレーニング

パーソナルトレーナーの堀航大です。

 

 

今日は、栄養面でのサポートをしているクライアント様にも多い『貧血』由来の症状とその原因について。

貧血にも色々と種類がありますが、恐らくみなさんも聞いたことのある『ヘモグロビン』の値が低くなくても貧血症状に見舞われることがあります。

(数値として顕著に現れにくいので、貧血と診断されぬままに不調が続き、首を傾げることになりがち。)

 

そんな貧血症状の原因の一つが、『溶血性貧血』と呼ばれる”赤血球の脆さ”に由来するものです。

 

<溶血性貧血とは?>

“全身に酸素を運ぶ役割を持つ赤血球が、体の中で少なくなることを貧血と呼びます。体の中に十分な量の赤血球が無い場合、体の組織に酸素が十分行き渡らないため、息切れやふらつきなどの症状が出現します。 溶血性貧血は貧血の一種で、血管の中を流れる赤血球が破壊される(溶血)ことにより起こります。”

出典:慶應義塾大学医学部血液内科HPより

 

赤血球にも他の細胞と違わず『細胞膜』が存在しますが、赤血球が作られる際にこちらが上手く成熟できていないことが原因と言われています。

(自己免疫性のものなど疾患由来の溶血もある様ですので、ご不安であれば血液内科への受診も検討されると良いかも。)

 

お医者さんによって医学的な治療の対象でないということであれば、こちらは栄養療法も有効な手段のひとつ。

 

赤血球の成熟には

・タンパク質
・鉄
・ビタミンA
・亜鉛
・ビタミンB6

といった栄養素が必要とされます。

 

何らかの理由でこれらが充足していない状態が続くと、日々作られている赤血球の細胞膜が弱くなりまして、赤血球が血管内で壊れ続けると。。

 

結果として十分な酸素を細胞まで運ぶことが難しくなりまして、様々な慢性不調を引き起こす大きな一因となっています。

(脳・内臓・筋肉など全身の細胞に影響しますので、あまり放置したくない状況であります。)

 

鉄剤を摂っても症状が改善されない。

そんな貧血症状の改善にはちょいと違う切り口からの取り組みが必要かも。

 

『運動するととても疲れやすい』

なんなら立っているのも辛い。

 

立場柄そんなご相談もよく頂きますが、一つずつステップを踏んで、運動に耐え得るお体にコンディションを整えることがとても大切です。

 

物事には順番がある。

助走無くして飛躍なし。

 

そんな原理原則と向き合う日々です。

 

——————

【LINE公式アカウントのお知らせ】

↓↓↓

https://lin.ee/cv7D6wY

オープンチャットでは聞き辛いことや、個別で行いたいご相談はこちらのLINE公式アカウントからお受けいたします。

可能な範囲でお答えいたしますね。

【くすぐったい人、ビクッとなる人】632

静岡市葵区・駿河区・清水区のパーソナルトレーニング

パーソナルトレーナーの堀航大です。

 

 

今日は割と予定が詰まっていてこんな時間に。

というわけで、過去の埋もれ記事からシェアです。

脳内に保存されている僕たちの全身の地図『ボディイメージ』ですが、目に見えないながらも、様々な体の反応で存在を観察する事ができます。

疲れやすさや体の痛みとも関連深いトピックでもあります。

 

人に体を触られるのが極端に嫌いな方は、少し注意が必要かもしれません。

※動画はボディイメージや前庭システムなどを駆使した、今日の僕の運動。

身体機能の維持向上は、とにかく日々の積み重ねです。

ここから


————

 

何だか楽しくなってきましたボディイメージのあれこれ。

今日は『触れられる』ということに対する反応の違いについて触れてみましょう。

 

僕は状況に応じてクライアント様の体を触診することが多いのですが、そんな”触れられた時の反応”も結構観察しています。

 

様々な方がいらっしゃいますが、ちょっと触られただけで『ビクッ!』となったり、極度な”くすぐったがり”な方も。

 

そんな『感覚過敏』な方って、全員とは言いませんがボディイメージが乏しい方が多いと言われています。

昨日ご紹介した通り、ボディイメージとは自身の体の”内と外”の境界線。

 

境界がハッキリと分かっているから、自分以外の誰かに触られた時にも『この刺激は大丈夫』と安心して受け入れることができます。

 

境界がボンヤリとしていると安全なのか脅威なのか判別が難しいので、触れられた事に対して必要以上の反応を示してしまうのですね。

そんな外の刺激からの『過剰なスタンバイ状態』は、自律神経系や脳の機能も緊張する方向に傾倒していきます。

 

常に臨戦耐性を強いられた脳や体では、やはりとても疲れてしまいますよね。。

なんだか疲れやすいなというあなたは、そんなボディイメージの欠如によるところもあるのかも知れません。

 

改善のためには、やっぱり運動が必要不可欠。

幼少の頃に経験した様な、多様な運動を楽しみながら。

体型の変化も分かりやすいし嬉しいものだけど、運動の価値って実はもっともっと沢山あるのですよね。

 

自由に動ける喜びを。

【脳の霧〜ブレインフォグ〜】631

静岡市葵区・駿河区・清水区のパーソナルトレーニング

パーソナルトレーナーの堀航大です

 

 

今日はオフにつき、過去の埋もれ記事からシェアです。

今週はよく働きよく運動もしたので、結構疲労感がありました。

 

夜もたっぷりと寝て昼寝もしっかりと取りまして全回復。

もう少し若かった頃と比べて、疲労に対するマネジメントがとても大切だと実感する日々です。。

 

そんな疲労が慢性化してくると、常に頭に霧が掛かった様な調子の悪さを実感することが。

(僕にも経験があります。)

 

 

ブレインフォグの予防・回復には

・栄養
・運動
・休養

の三本柱がとっても大切です。

 

一度陥ってしまうと、回復にはそれなりに集中的な取り組みが必要であったりしますので、予防が大事かと…。

 

血液検査の様なデータ化が難しい不定愁訴のひとつですので、体で起こっている変化をしっかりと感じ取れる感受性を養っていきたいものです。

 

ここから

————

 

あなたは『ブレインフォグ』という言葉を聞いたことがありますか?

読んで字の如く、”脳のモヤ状態”を表した症状のことを言います。

 

* 集中しようとするほど頭がぼーっとする
* 頭に鉛が入っているような感じがする
* 考え事をしていると違う情報が入ってくる
* 相手の話が聞けなくなった
* マルチタスクができなくなった
* 会話に適切な単語が思いつかない
* 物事を開始するのに時間がかかる

出典:東京TMSクリニック HPより抜粋

 

こちらは病気ではないけれど、なんとなく調子が優れないという状態が長期的に続くものです。

 

僕もこのブレインフォグ状態に陥ったことがありまして、著しく仕事の効率が落ちたり、スッキリしなくても元気を捻り出す必要が出てしまったりと結構大変でした。

(今ではすっかり良くなっていますが、生活の中で色々と習慣を変える必要がありまして、改善にはそれなりに根気が必要です。)

 

そんなブレインフォグ、発症するメカニズムは今のところはっきりと確定されていませんが、

・睡眠の不足
・栄養の不足
・運動の不足
・過度なストレス(ストレス耐性の低下)
・ホルモン分泌の異常
・更年期

これらを原因とする脳疲労状態なのではないかと言われています。

 

特に現代の生活では常に豊富な情報が様々なデバイスから脳へ流れ込んできますので、負荷がかかりがち。

まさに現代病的な症状ではないかと。

 

あなたには、前述の様な症状って心当たりがありませんか?

 

僕も一度経験してその後改善した過去があるので言えますが、こんなブレインフォグが無い暮らしというのは本当に快適です。

(症状が無い方にとっては当たり前の生活ですが、失って初めて気がつくことがありますね)

—————
【Online栄養カウンセリング】
承っております。

詳細はこちらから

Online栄養カウンセリング

【Online栄養カウンセリング始めまして】627

静岡市葵区・駿河区・清水区のパーソナルトレーニング

パーソナルトレーナーの堀航大です。

 

 

先日はアンケートへのご回答ありがとうございました。

皆さま食事や栄養への興味関心が強いのかなと思いきや、運動やセルフケアといったところにも同票いただく結果となりました。

運動は現在、対面のセッションと1対1のオンラインセッションでのみご案内中ですが、また折を見て新しい方法を考えてみようと思います。

というわけで『Online栄養カウンセリング』なる方法で、皆様の体にまつわるお悩み改善のお手伝いをさせていただくこととなりました。

普段オープンチャット内で投稿している様々な知を結集しまして、あなたの日々の食生活に落とし込んでいくプログラムです。

 

僕自身も、食事・栄養という側面から体調を整える方法を学び実践する中で、その効果と大きな可能性を実感する日々です。

その不調が
・なぜ起きているのか?
・どうしたら改善するのか?

カウンセリングや健康診断などの結果を踏まえて評価。

臓器の細胞レベルで機能回復を促すプログラムとなります。

※現在、期間限定でモニター様を募集しています。

詳細はこちらから

https://hori-kodai.jp/online-counseling/

【視野の広さは大丈夫かな?】625

静岡市葵区・駿河区・清水区のパーソナルトレーニング

パーソナルトレーナーの堀航大です。

 

 

今日はお休みをいただきまして、富士山の周りを自転車で一周してきました。

自転車乗りの間では通常『フジイチ』と呼ばれるこのルート。

一番の難所は籠坂峠という峠越えですが、ここ以外にも登ったり下ったり。。

6月にはヒルクライムのレースも控えていますので、コツコツと調子を上げていきたいと思います。

 

という事で体力の限界を迎えましたので、過去の埋もれ記事から視覚について。

歩いたり走ったり自転車に乗ったり。

かなり強めの視覚刺激が入りますので、こんな運動もとても良いと思います。

『過剰固定視』になりがちで、視機能の低下著しい現代人。

やっぱり外で過ごす時間が大切ですね。

ここから

—————

今日は再び視覚に話題を戻しまして、先日も少し触れました『周辺視野』について。

 

視覚機能の衰えは年々酷くなってきた疲れ目の症状や、運動機能の低下と密接に関係しています。

そんな視機能の中で特に低下しやすいもののひとつが周辺視野です。

 

 

これは目ん玉の中にある網膜に光が映りまして、その信号を脳が適切に処理できているか?という機能。

その中でも視野の中心以外の広い範囲を指します。

 

 

それでは簡易的なセルフチェックをしてみましょう。


動画の様に前を向いて立っていただきまして、

①親指が見えるギリギリとのところまで腕を広げる

②指を上下に動かしまして、たしかに見えているか確認

③一度目を閉じてから開いて、再確認

 

ここでチェックできるのはあなたの周辺視野(横)の広さです。

 

適切な視野の角度は左右それぞれ100〜110°と言われていますので、親指が目の真横よりも少し後ろ側のところまで見えているのが理想です。

 

いかがでしょうか?

 

結構デスクワークが多かったり、屋内で過ごす時間が長い方は視野が狭窄しているケースも多々あります。

 

ちょいと狭いかな…という方は、適切な視野を獲得するためのビジョントレーニングを行なっていきたいところ。

疲れ目や運動機能の低下。

実はこんなところにも原因があったりします。

【片脚で立てるの何でだろ?】622

静岡市葵区・駿河区・清水区のパーソナルトレーニング

パーソナルトレーナーの堀航大です。

 

 

今日は昨日に引き続き『感覚機能』についてのお話。

体型みたいに目に見えるものでは無いので解説が少し難しいのですが、ご自身の体でも実験しながら理解を深めてみましょう。

僕たちが持つ感覚機能の5感、近頃はより細分化して7感と分類されることもあります。

 

その中でも運動時に特に重要なのが、

①視覚
②前庭覚(三半規管など)
③体性感覚(圧力や筋肉の張力、関節の角度などを感知)

 

この三つである旨、昨日も触れてみました。

 

今はもちろん将来に向けても不具合を出さない為に、どの機能もなるべく健全な状態で過ごしていきたいものです。

そんな日頃実感し辛い感覚機能ですが、『片脚で立つ』という簡単な運動でもこれらが駆使されていることが分かります。

 

では実際にご自身の体でチェックしてみましょう。

 

●STEP1:片脚で立ってキープ

この時点で危うい方は、各感覚機能の低下がかなり進行中かも。
併せて運動を制御している小脳の機能も疑いたいところ。

●STEP2:片脚で立って目を閉じる
※周囲に気をつけて行なってくださいね

ここでグラつきが強く出た方は、普段から視覚を優位に働かせてバランスを取る傾向があるかも。
結果として前庭や体性感覚といった他の機能が低下している可能性が。

●STEP3:クッションや座布団の上に片脚で立つ

これは目を開けたままで行ってみましょう。
足の裏の感圧センサー(体性感覚)の働きを少しばかり奪った運動です。

立ち続ける為には①視覚②前庭覚が頑張る必要がありますが、これらの機能低下が顕著だとグラッとしますね。。

 

いかがでしょう?

楽々できた方もいれば、けっこう怪しげな方もいらっしゃったのでは。

バランス機能の低下って座ったり寝転がったりしていない限り、全ての活動と関係してきます。

 

ここに問題があると脳は常に恐怖と戦っている状態に。

体を硬らせて痛みに繋がっていたり、ボディメイク的には脚痩せにも関わりが深いところ。

そして将来的には転倒や歩行困難という状態まで。

 

著しく機能低下してしまうとなかなか鍛えることが難しいバランス機能。

機能を向上させる修正エクササイズも多数存在しますが、併せて多様な運動を行うことでそれぞれに機能にしっかりと刺激を入れていくことが大切ですね。

 

僕も今日はゴロゴロと転がったり逆立ちをしたりと、多様な運動に励みます。。

 

 

【“感覚”も栄養なのです】621

静岡市葵区・駿河区・清水区、大人女性のパーソナルトレーニング

パーソナルトレーナーの堀航大です。

 

今日は今月企画しているトレッキングツアーの下見に行ってきました。

※5月21日(土)10:00〜14:00@富士山須走口 ご興味がお有りの方はお問い合わせください。

 

富士山は通常”流れる水”が存在しない山なのですが、この時期だけは特別です。

 

通称『まぼろしの滝』と呼ばれる小川や滝が、突如として現れます。

 

日中は気温の上昇とともに流れ出し、日暮れの頃になると雪解けが止まりまた姿を消す。

 

そんな自然現象がひと月ほどの間、期間限定で見られるのです。

 

富士山というと多くの方が夏の”山頂を目指す登山”をイメージされますが、麓では四季折々の美しい光景に出会うことができます。

『山頂だけが山じゃない』

日々の暮らしや自身の人生と重ねながら、毎日の平凡な時間の中にある喜びや美しさも大切にしていきたいなあ、と思う今日この頃です。

 

 

さて、今日はそんな自然環境の中で時を過ごすことで得られる、”感覚栄養”という概念について。

 

僕たちは全身に分布する様々な『感覚機能』を駆使することで、日々を滞りなく過ごすことができています。

その中でも運動時に特に重要なのが、

・視覚
・前庭覚(三半規管など)
・体性感覚(圧力や筋肉の張力、関節の角度などを感知)

といった三つの感覚。

 

これらから得られる情報を脳内でリアルタイムで交通整理を行い(専門的には統合と言います)、スムーズな身体活動を実現することができます。

 

そしてこれらの感覚機能は筋肉と同じく、『使わないと機能低下する』という性質を持っています。

 

遠近感や空間を認知したり、視野の中心以外にも広範囲から情報をピックアップする能力を有する視覚。

我々人類は視覚にとても依存した生物ですので、視覚機能の低下は平衡感覚のトラブルや運動時のぎこちなさを生み出します。

 

三半規管をはじめとする前庭機能が低下すれば、それは即ち『重力の方向』を知覚する手立てを失うことに。

ちょいと解説が難しい体性感覚は、『今体がどんな形をしているか、何をしようとしているか』という体の地図を失うことになります。

こういった感覚機能の低下って、日頃の暮らしの中ではあまり実感することが難しいものです。
(それでも一旦滞りなく暮らしていけているわけで。。)

 

体を動かすということがアウトプットであり、そのための司令を脳が行い、司令を出す為の手掛かりであるインプットをこれら感覚器が担っています。

 

今はもちろん、生涯にわたって『自分の足で歩く』為には必要不可欠な要素なのですが、解説がとても難解で。。

長くなってきたので、明日またチャレンジしてみようと思います。

あなたは片脚立ちで滞りなく、靴下を履いたり脱いだりできますか?

 

【睡眠物質とはなんぞ】617

静岡市葵区・駿河区・清水区、大人女性のボディメイク

パーソナルトレーナーの堀航大です。

 

 

三連休を終えたばかりですが、本日定休日につきオフとなります。

天気も良かったので、気持ちよく外で運動もできて満足でした。

 

 

ということで、過去の埋もれ記事からシェアです。

 

HP内のコラムから一部抜粋した投稿ですが、カフェインによって眠れなくなる理由の一説をご紹介です。

アデノシンの作用を阻害するのと併せて、日々の過剰摂取は副腎を疲労させる原因ともなりますので要注意となります。

 

コーヒーを1日に多量摂取している方には、睡眠障害を抱えている方も少なくありません。

そんな場合は徐々に減らしていくことで、睡眠障害が寛解したケースも多数見届けてきました。

もしも嗜好飲料をよく飲まれていて、よく眠れないという方は試していただくと良いかも知れませんね。

 

ここから

————

◆睡眠物質とは?

 

睡眠物質とは文字通り、私たちの体に蓄積することで眠気を促す物質のことです。

 

睡眠の研究って歴史が浅くて、実はまだハッキリと分かっていないところが沢山。

例に違わず睡眠物質に関しても同様ですが、現在明らかにされている物質は数十種類と言われています。

 

代表的なものの一つが、『アデノシン』という物質。

 

例えるならばこれは、細胞が活動する時に使ったエネルギーの燃えカスの様なもの。

体を使えば使うほどに蓄積されていきます。

 

眠りにつく時間までにアデノシンを十分量蓄積することが、私たちの安眠には有効です。

そこで『運動による肉体疲労』が有効であると考えられています。

 

そしてそんなアデノシンの催眠作用ですが、ここで『カフェイン』がその作用を邪魔することが分かっています。

 

 

“受容体”という、アデノシンが結合してアデノシンの作用を体内で引き起こす”ソケット”の様なイメージのもの。

この受容体に、なんとカフェインが結合して居座ってしまいます。

 

結果としてアデノシンが体内に十分量蓄積していても、作用が十分に発揮されずにどんどん覚醒していくというわけです。

(疲れているはずなのに眠くない。そんなカフェインによる場当たり的な対処の常態化が、ちょっと良くないという事は何となくイメージしていただけると思います。)

 

 

<避けるべき事>

・カフェイン飲料の飲用を避ける
※カフェインへの感受性には個人差があり、敏感な方は朝飲んだカフェオレが夜まで作用しているケースも考えられます。

体質にもよりますが、コーヒー2杯/1日(300ml)程度までが安全牌

 

<やるべき事>

・積極的な運動をする(夕方が効果的と言われています)

 

睡眠物質についてはまだまだ研究の途上にあり、これから明らかにされることもきっとあるでしょう。

快眠サプリメントの研究も進んでいる様ですので、期待したいところです。

【寝起きの辛さで分かること】612

静岡市葵区・駿河区・清水区 大人女性のボディメイク

パーソナルトレーナーの堀航大です。

 

 

今日は気分を変えまして『血糖値』のお話と参りましょう。

血糖値といえば糖尿病というイメージが強そうですが、それは血糖値が慢性的に高くなっている時の問題。

これはお医者さん案件だしいち早く治療に取り組んだ方が良いのですが、一方で軽んじられているのは『低血糖』の問題です。

 

僕たちの体には、肝臓や筋肉・脂肪といった組織に糖を蓄える仕組みが備わっています。

 

ご飯を食べた後に血液中の糖を使い切っても倒れずにいられるのは、こんなエネルギー源貯蔵システムの恩恵を受けているからです。

そんな”予備タンク”から糖を取り出す為には、いくつかのホルモンを必要量分泌する必要があります。

副腎疲労などが原因でこのホルモン分泌能力が低下していると、僕たちが『快適に活動できるレベル』まで空腹時に血糖を上げることが難しなってしまいますね。

 

健康診断を受けられている方は、参考までにご自身の数値を見返してみてください。

空腹時血糖の項目が、90〜100mg/dL程度は維持したいところ。

※食後5時間以内のデータは参考にならないので、注意が必要です

 

ちょいと低めの方は、寝起きにこんな症状がありませんか?

・朝食を食べる食欲が湧かない
・寝起きに腰や首などが凝ったり痛みを感じる
・食いしばりや歯ぎしり
・舌の縁がギザギザしている
・悪夢を見がち
・寝汗をよくかく
・夜間に目が覚めて、そこからなかなか寝付けない
・朝の寝起きが辛い

全部でなくても、いくつか該当した方。

そんなあなたは血糖の維持能力が低下していることで、睡眠中に低血糖状態に陥っている可能性を疑ってみたいですね。

 

寝ても疲れが取れず、1日のスタートが辛い日々はなかなか苦痛ですよね。。

振り返ると僕にもそんな時期がありました。

 

今思うと、過去に一通りの慢性不調をまんべんなく経験していますね(笑)

自身でも辛さが分かるゆえに、そんな慢性不調を改善する方法があること。

そしてもっと快適に過ごせる毎日が存在するということを、多くの方に知ってもらいたいな。

 

血糖維持能力が低下すると精神活動にも多大なる悪影響が生じますので、注意が必要なのですよ。。

【美姿勢を目指すエクササイズ】597

静岡市葵区・駿河区・清水区、大人女性のパーソナルトレーニング

パーソナルトレーナーの堀航大です。

 

 

今日は遅くなっちゃいましたので、instagramでシェアしてエクササイズ動画をこちらでも。

こちらのオープンチャットでは度々『ボディイメージ』について触れてきましたが、少々歪んだイメージを修正するためにはどんな方法があるのでしょう?

という方法論を示したのがこちらです。

特に背中・背骨なんて自分で見ることができないエリアなので、正確なボディイメージを持つことって結構難しいです。

真っ直ぐなつもりが反っていた。

真っ直ぐなつもりが丸まっていた。

真っ直ぐにしていたつもりが、とても力んでいた。

 

色々なエラーに気がつくことができる、そんなエクササイズ。

 

行った後はBefore・Afterにあるように、フラットな背中を維持できる様になりましたね。

姿勢にお悩みのあなたは、ぜひチャレンジを。